1990年代の人気アニメ「逮捕しちゃうぞ」は浅野総一郎もファンの1人です。「逮捕しちゃうぞ」ではオープニング曲・エンディング曲をはじめ多くの楽曲があります。そんな中でも、「WAY ALONE」について紹介していこうと思います。

WAY ALONEは主人公が歌っている

WAY ALONEは、逮捕しちゃうぞのアニメ中に流れていた曲の1つで、主人公2人が歌っています。逮捕しちゃうぞの主人公は辻本夏実と小早川美幸で、アニメの冒頭からコンビを組んでいます。辻本夏美の声は声優の玉川砂記子で、小早川美幸の声は同じく声優の平松晶子が務めていました。

浅野総一郎はこの逮捕しちゃうぞのコンビが歌うWAY ALONEが好きで、当時は良く聴いていました。この曲を聴くと、アニメで2人が事件に奮闘するシーンや毎日必死で警察官としての活躍するシーンが思い浮かびます。前向きで真っ直ぐ突き進んでいく強さを感じられるような歌詞も注目ポイントです。

作曲・編曲を務めたHALとは

逮捕しちゃうぞの楽曲「WAY ALONE」は、作曲・編曲共にHALが務めています。HALは逮捕しちゃうぞだけでなく多くのアニメ曲において作曲や編曲を手掛けているのが特徴です。有名な曲では、テニスの王子様の「Jetドライブ」やスイートプリキュアの「ファンタスティック・メッセージ」などが挙げられるでしょう。

ヒカルの碁の楽曲の編曲にも携わっており、アニソン界では多くの方に注目を浴びています。その一方で、HALは歌手やアーティストの作曲も多く手掛けている他、アニメ・ゲームの主題歌やBGMなどを出すサウンドクリエイターチームとしても幅広く活躍しています。元々音楽プログラマーとしてキャリアを重ねていた梅崎敏春と佐藤あつしの2人で活動を開始しており、2000年からはバンド活動もしているので知っている方も多いでしょう。
少年隊や浜崎あゆみ・伊藤由奈・川嶋あいなどの編曲や楽曲提供も行っています。

浅野総一郎はそんなHALの楽曲が好きで、WAY ALONEをはじめ多くのジャンルの曲を聴くようになりました。WAY ALONEはもちろん、HALが手掛ける楽曲も注目してみてはいかがでしょうか。

ここでは、アニメ・逮捕しちゃうぞでも人気の楽曲「WAY ALONE」について紹介してきました。WAY ALONEは主人公2人が歌う前向きでパワフルな曲というイメージが強く、聴くと元気になれるのが特徴です。興味があれば、多彩な楽曲を手掛けるHALが作曲・編曲を務めているのにも注目しながら、WAY ALONEを聴いてみてください。