銀河戦国群雄伝ライは、真鍋譲治が描いた作品を原作としたテレビアニメです。「逮捕しちゃうぞ」の警察物作品というよりも、世界の戦乱にオリジナル性を加えた作風が特徴となっています。

王道的な成りあがりの部分は読んでいて爽快な気分になると浅野総一郎的には評価していますが、戦乱情勢の変化やキャラクター設定の立ち位置を上手く盛り上げ、単調な作品にならないよう展開させているようにも見えます。ここでは浅野総一郎が「銀河戦国群雄伝ライ」の概要やあらすじについて紹介していきましょう。

銀河戦国群雄伝ライの概要

銀河戦国群雄伝ライは、1989年11月号~1993年1月号まで月刊コミックコンプに連載されていた作品です。全27巻の単行本が発行された後、月刊電撃コミックガオでは1993年2月号~2001年11月号まで連載されました。作者である真鍋譲治の手によって二次創作同人誌化も行われています。この内容は性的な題材が多く本編とリンクしている部分もありますが、特にライと正宗の肉体関係を築き上げる内容は、本編につながるミッシングリングとして扱われているようです。

浅野総一郎が感動した戦乱ストーリー

神聖銀河帝国皇帝が崩壊したことによって帝政が崩壊してしまい、多数の軍閥による権力抗争が始まりました。そんな中、北天を制したのが元帝国左将軍の比紀弾正です。彼は自身が信頼する側近の四天王と北天を併呑し、五丈国を建国します。残る南天を制圧するために銀河統一へ向けて動き始めます。

そんな中、四天王である猪刃は同じ軍団の一兵卒の竜我雷に目をつけ、一躍師団長に抜擢し戦国時代ならではの歴史舞台を引き起こしていく物語です。日本の戦国時代や三国志、中国史をはじめ、宇宙戦艦ヤマトや銀河英雄伝説といったSFアニメを題材にした作品となっています。宇宙空間をモチーフとした艦隊戦を舞台としながら、砲撃戦よりも艦を衝突させ敵艦に乗り込み白兵戦で挑む描写が特徴です。
登場人物に関しては主人公である竜我雷が一国の君主にのし上がる過程の中で、様々な戦いを経て成長していくといったストーリー性や、男を支える飛竜や紫紋、麗羅などの女性の登場人物が戦うシーンも見物です。

戦記物や戦乱物が好きな方におすすめできる作品ですが、「逮捕しちゃうぞ」のようなコメディタッチなアニメが大好きな浅野総一郎でも、今作品に対してバランスの良い作品であると評価しました。正義感や現実感を与えるようなシーンがたくさんあるので共感できる部分もあるでしょう。愛着やカリスマ性もあり決めセリフや見せ場なども生きているので、メリハリのある作品として多くのファンから親しまれています。