藤島康介が手掛けた漫画作品「逮捕しちゃうぞ」は、僕浅野総一郎が愛読する日本の人気アニメです。美人婦人警察官コンビが主人公となっており、コメディー&アクションの要素がたっぷり詰まった内容となっています。主人公コンビの一人辻本夏美は元気で明るい性質を持っていますが、感情がすぐに出てしまう性格でもあります。そんな彼女の声を担当しているのが声優「玉川砂記子」です。ここでは、声優でありながら女優、歌手、ナレーターの仕事もこなす玉川砂記子について浅野総一郎が解説していきましょう。

玉川砂記子の紹介

声優「玉川砂記子」は、1962年1月20日生まれの東京都出身の女性です。本名は池田砂記子ですが「さっこさん」という愛称で親しまれています。アニメの分野で幅広い役柄を演じていますが、報道番組のナレーションや洋画作品の吹替えも行っています。劇団こまどりに入団してからは子役としてNHK大河ドラマやラジオドラマなどに出演し、同時に歌手業までこなし多くの歌を吹き込みます。

NHKで放送される「みんなのうた」では「誕生日のチャチャチャ」や「マヌエロ」が使用されました。テレビアニメで有名なムーミンの主題歌「ムーミンのテーマ」でカバー版を歌い、見事第12回日本レコード大賞の童謡賞を受賞しています。

声優での活躍ぶり

声優のデビュー作は1970年にフジテレビで放送されていた「ゆかいなブレディ一家」というアメリカドラマです。ブレディ一家の二女であるヤンシーの声で出演しました。当時通っていた中学校が顔出しで芸能活動を行うことを禁止していたため、それ以降声優としての活動が中心になっていきます。

1981年の「フーセンのドラ太郎」というアニメ作品で初のレギュラーとなり、その後も「ジャングル帝国」やNG騎士ラムネ&40」「楽しいムーミン一家」「ゲンジ通信あげだま」「クレヨンしんちゃん」などでキャリアを重ねてきました。1998年頃はんこ屋さんの助言で本名である「玉川砂記子」から「玉川紗己子」に変更しましたが、芸名は改名前の「玉川砂記子」に戻して活動しています。

1996年にアニメ化された「逮捕しちゃうぞ」は、僕にとってまだ記憶に新しい作品です。辻本夏美の人並み外れたパワーや粗雑な面を玉川砂記子の声量でリアルに表現しています。明るくて豪快なイメージに聞こえるのは、きっと玉川砂記子の声優魂が宿っているからなのではないかと浅野総一郎は感じています。「逮捕しちゃうぞ」のアニメ作品をまだ見ていない人は、ぜひ一度ご視聴ください。