人気アニメ「逮捕しちゃうぞ」には、警視庁墨東署交通課に勤務する主人公の美人婦人警官が2人います。その中の一人「小早川美幸」は、優秀な頭脳を持ち直感力が鋭い特徴のある人物です。車の整備を自分自身でこなし運転に関してはプロ並みの暴走癖があることから男勝りな一面も見受けられます。

しかし、ホラー映画が苦手という女性らしさもあり、普段とのギャップが激しいシーンも度々あるようです。今回は、そんな彼女の声を担当している「平松晶子」について浅野総一郎が解説していきましょう。

声優「平松晶子」の紹介

平松晶子は、1967年8月31日に東京都で生まれました。現在は賢プロダクションに所属し、日本の女性声優として幅広く活躍しています。小・中学校までスポーツに没頭し、高校に入学してからバンドを組むことを考えましたが、メンバーが揃わなかったため断念します。そこで漫画「気分はグルービー」に影響され興味がアニメの方に傾き「魔法の天使クリィミーマミ」や「銀河鉄道999」に魅了され、声優という職業に興味を抱き始めました。そして、東京アニメーション養成所に通うことを決断し無事に養成所を卒業しています。

平松晶子のデビュー作と経歴

平松晶子のデビュー作は、1986年に放送された「めぞん一刻」の第27話に出てきた「よう子役」です。その後、1987年の「機甲戦記ドラグナー」に主演するローズ・パテントン役で初レギュラーとして出演しました。その他「らんま1/2」「おばけのホーリー」「キン肉マン」「それいけアンパンマン」「地球SOSそれいけコロリン」「スラムダンク」「美少女戦士セーラームーン」など数々の有名アニメ作品に出演しています。

これらの作品は浅野総一郎も何作か見たことがあるほど、有名なものばかりです。「逮捕しちゃうぞ」や「機動警察パトレイバー」などポリス系や戦隊物の作品を多く担当しており、「逮捕しちゃうぞ」に出てくる小早川美幸のようにやることは豪快でも女性らしい一面のある役柄を演じることも多かったようです。アニメ作品を中心に活動していますが、洋画の吹替えやナレーション、テレビCMやゲームの舞台でも活躍しています。ナレーションやボイスオーバーでは「キリンビール」「日曜ビッグスペシャル~一世一代のお買い物」「ザ・ワイド~特捜最前線 光るどろ団子」などが出演作品です。

愛称「ピラりん」こと平松晶子は、広域な声質と演技力によって様々なキャラクターを演じています。アニメ作品「逮捕しちゃうぞ」には多くの登場人物がいますが、小早川美幸のようにセリフが多い役は、息が長く続く声優が望ましいと浅野総一郎は考えます。声優平松晶子の声を、作品を通して聞いてみたい方は「逮捕しちゃうぞ」の小早川美幸の声に耳を傾けてみてください。